未分類

自分の洗顔はこれでいいのかと振り返ってみてください

高価なクレンジングや洗顔料を使うときはもったいなさが先に出て少量で強くこすってしまうと必要な皮脂まで落としてしまってお肌の乾燥の元になります。

洗顔に使用するお湯の温度ですが必要以上に熱いのはNGです。

やみくもに保湿だけすればいいと思わず、洗顔についても今一度見直してみてください。

スキンケアの基本として、まずはじめに汚れを落とすこと、また肌の水分を保つことです。

肌に汚れが残っていると肌のトラブルが起こる要因となります。

そして、肌の乾燥も外部の刺激から肌を守る機能を弱めてしまうので、乾燥させないようにしてください。

しかしながら、保湿を行いすぎることも悪いことになります。

スキンケアには順序があります。

ちゃんとした順番で使わないと、効果をほとんど得ることができなくなります。

顔を洗ったら、まずは化粧水をつけます。

肌の補水を行います。

美容液を使う場合は化粧水の後。

それから乳液、クリームと続きます。

水分を肌に染みこませてから水分が蒸発しないように油分でフタをしましょう。

スキンケアで気をつけることの一つが洗うと言った作業です。

メイク後の手入れをきちんとしないと肌が荒れる原因になってしまいます。

しかし、クレンジングに念を入れすぎれば、いらない分の皮脂を取るだけにとどまらず、必要な分の皮脂まで取り除いてしまうことになって、肌の潤いが無くなってしまいます。

また、洗顔は自分なりの方法ではなく、クレンジングを正しく行うようにして下さい。

スキンケアといえば、保湿剤を使用したり、丁寧なマッサージをするといったことが効果があります。

しかしながら、体の内部からお肌に働きかけることはそれ以上に大切と言えるのではないでしょうか。

食べ過ぎ飲み過ぎや夜更かし、喫煙といったことは、高価な化粧品を使用していても、お肌の状態を改善することはできません。

生活のリズムを整えることにより、肌を体の内部からケアすることができます。

つらい乾燥肌でお悩みの方のスキンケアのポイントは十分な保湿です。

さらに、肌に残す皮脂を気にしすぎないというのも忘れてはいけません。

自分の肌に合わない強いクレンジングや洗顔料を使うと残すべき皮脂まで落ちてしまい、肌は皮脂のバリアがなくなり、直接空気にさらされ、乾燥が進みます。

あと、洗顔のときのお湯についてですが必要以上に熱いのはNGです。

それに、保湿だけに留まらず、自分の洗顔はこれでいいのかと振り返ってみてください。